ラグビー日本代表 2018年 カレンダー 卓上 A5 CL-511

オールブラックス 2018 卓上カレンダー

【DM便配送可】卓上 ラグビー日本代表 2018年カレンダー CL-511 (2018カレンダー 平成30年カレンダー 卓上カレンダー) 【11月上旬発売予定】

2017年11月19日

日本代表はトンガ代表から快勝!

日本代表はフランスでのトンガ代表戦で39対6で快勝しました。

日本代表は前半に3トライ、後半に2トライを奪い
トンガ代表のゴール前の猛攻を粘り強いタックルで防ぎノートライに抑えました。

エディージャパンでさえトンガ代表とはいつも接戦で負けも多かった状況ですが
今回、今までにないような圧勝。
日本代表は一つ上のステージに上がったような印象を受けました。

今日の日本代表は2週間良い準備ができたのでしょう。
問題のディシプリンも改善し不用意な反則もなく
ディフェンスでは前にでる組織ディフェンスが機能し、1対1のタックルも決まっていました。
トンガ代表のように直線的にアタックするチームには
今のジャパンの新ディフェンスがハマったようです。

攻めてはモールが機能し、
バックスも田村、立川、松島、レメキ、福岡と
揃い踏みで活躍、特にスタンドオフに入った田村のプレーは安定していました。

あとは長身ロックの日本代表入りが待たれますね。
今もラインアウトを工夫し成功率は高いですが長身ロックが加われば更に安定するでしょう。
バックスではアウトサイドセンターにできればマレサウだが
決定力があり、ディフェンスの良いアウトサイドセンターが欲しいですね。
ロック、アウトサイドセンター以外は
今日のメンバーを軸にあと2年作っていけば良いのではないでしょうか。

今日の試合内容からするとティア1のフランス代表に勝てるチャンスもあると思いますね。
スクラムでマイボールを確保し、相手ボールではなんとかイーブンでいけるか
前に出るディフェンスがフランス代表のスキルフルなバックス陣に通用するか。
期待が高まりましたね!


posted by 40代サラリーマン アッキー at 03:20| Comment(0) | 日本代表 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年11月12日

フランス代表は強敵、その他スコットランド、サモア、アイルランド

ニュージーランド対フランスを観ました。
前半はニュージーランドが31対5とワンサイドゲームでしたが
後半はニュージーランドのミスが目立ったものの、フランスが13対7と
点差もゲーム内容もフランス代表が圧倒しました。
スクラムはフランスが押す局面もあり、ニュージーランドが押す局面もありと
フロントローが組み勝ったチームが押しており、どちらの方が強いというわけではありませんでしたが
フランス代表のスクラムへの拘り、強さは脅威です。
ニュージーランドさえスクラムで苦しみましたから、翌々週の日本代表はスクラムでどう対抗するか。
マイボールは早い球出しが賢明でしょうし、相手ボールでペナルティーを侵さない工夫が必要です。
フランスのバックスも決定力があり、超大型センターのバスタローを止めることができるか
また、スクラムハーフもニュージーランド戦で大変良い動きをみせていました。
日本代表はフォワードがフランスにどこまで対抗できるか
フランスのスピード且つパワーのあるバックス陣を止めることができるか
それが接戦あわよくば勝利するポイントですね。

その他、スコットランド対サモアは44対38と接戦でやはりサモアは強いですね。
本番で日本代表がサモアに勝てる可能性はフィフティーフィフティーか。
あと驚きはアイルランドが南アフリカに38対3と圧勝しています。
試合内容、メンバーをみていませんので、なんともいえませんが
アイルランドは間違いなく世界のトップ4に入りそうです。
日本代表が金星を狙うとすればアイルランドというよりも、最終戦のスコットランドでしょうか。
アイルランドは真面目なチームですので、2015年の南アフリカのように隙はみせないのだと思います。





posted by 40代サラリーマン アッキー at 09:34| Comment(0) | 日本代表 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ラグビー日本代表 欧州遠征2016 日本vsウェールズ戦・日本vsジョージア戦【Blu-ray】

ラグビー・ワールドカップ2015 日本代表の軌跡 ~歴史を変えたJAPAN WAY~ [Blu-ray]